株式会社ウィンテック

切削油から洗浄剤・廃油処理まで、トータルでサポートいたします

その他の商品

 

水溶性クーラントの無償サンプルお出ししています。無償サンプルを依頼する

 

HOME»  マメ知識

マメ知識

ちょいとためになるマメ知識

金属加工の製造現場で使えるちょっとためになる豆知識をご紹介します。

 

引火点と危険物分類

危険物第4類 引火点℃ 代表例 指定数量
第1石油類 ~ 20 ガソリン (非水溶性)  200L
(水溶性)   400L
第2石油類 21 ~ 69 灯油 (非水溶性) 1000L
(水溶性)  2000L
第3石油類 70 ~ 199 重油・切削油 (非水溶性) 2000L
(水溶性)  4000L
第4石油類 200 ~ 249 タービン油・切削油 6000L
指定可燃物 250 ~ 動植物油 (2000L)

 

油性切削油の場合、第3石油類では2000L(200Lタンクの工作機械10台しか設置できません)
第4石油類では6000L(200Lタンクの工作機械30台設置可能です)
指定可燃物ですと市町村へ届出を行えば2000L以上(200Lタンクの工作機械をいくらでも設置可能です)

 

ステンレス鋼が削りにくい理由

ステンレス鋼の材料特性と切削現象

ステンレス鋼の材料特性と切削現象

 

濃度管理

水溶性切削油は、日々の液管理が非常に大事です。

1.濃度管理を行って下さい。一定倍率(30倍目安)での補充をお勧めします。
2.出来れば、PH管理も行って下さい。8.0以上を維持するよう管理して下さい
3.切屑の除去及び混入油分の除去を行って下さい。

適切な液管理を行うと、液の腐敗、手あれ、発泡,錆び、油剤の使いすぎ等を抑えることが可能になります。

 

トラブルが発生したと思ったら

内容 原因 対処法
濃度低下
液の劣化(PH低下)
濃度を濃くしてください。
防錆添加剤投入
腐敗 濃度低下
混入油分の増加
クーラントの循環不足
濃度UP
防腐剤添加
機械の稼働率を上げる
泡立ち 濃度が高い
高圧クーラント仕様
濃度を薄くする
消泡剤添加
高圧クーラント対応の液に変更
ベタつき 濃度が高い
混入油分の増加
油分分離性の良いタイプに変更
オイルスキマー設置
手あれ 濃度が高い
クーラントPHが高い
アミンフリータイプに変更
低PHに変更、濃度を適正にする

 

異常を発見したらまずご連絡ください。

  • 異常が発生した時点の液を採取してください。
  • 異常の状態と使用の状況などを連絡してください。
  • 加工条件、加工物、保管方法の変化がないかを確認してください。

 

 

お問い合わせ

切削油・洗浄剤・廃液処理に関すること、私達にご相談ください!